我が家に幸せを運んでくれたハッピーと小町の日常を綴っています
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


我が家がコーギーを飼った訳① ハッピーを飼うまで
2012年08月20日 (月) | 編集 |
8月19日(日曜日)



残暑厳しい折、皆さま如何お過ごしですか

こんばんはハッピーパパです。

さて本日は我が家がコーギーを飼った訳① - ハッピーを飼うまで
です。

※不定期記事です。何もブログに載せる事が無いときに次号が発刊されますのであしからず




私は昔から犬が大嫌いでした。犬だけでなくペット全てがです

なぜか! 

いつも、どの犬からも吠えられる、そして追いかけられたからです。

だから怖いし、嫌いでした。

もっというと世の中から犬なんていなくなればいいのにと思っていました

子供が生まれ、動物園や遊園地などでよく「ふれあい動物園」などがあっても
こちらに向かってきたらすぐ逃げていました。ましてやさわるのなんかもってのほか!
できるだけ入らないようにして、園外からカメラ係りに専念していました。


この子に会うまでは

116_convert_20120819231953.jpg


コーギーのオスカー(10歳・男)です。



出会いは8年前に遡ります。


8年前、現在の家に引っ越してきたとき隣の家で飼われていました。
このオスカーですが、人好きでは全くなく、我が家のポストを自分のエリアと思っており
ポストの近くにいくと「サァー」と走ってきてすぐ吠えました。

非常によく吠えられていました。我が家族だけでなく郵便配達などの人にも吠えていました。


数年たって段々オスカーも家族に慣れて、私含め家族には吠えなくなりました。


長女も小学生になり「犬がほしい」などとほざく言うようになりました。

私のDNAはどこ?

生き物を飼うことの難しいさから、安易にペットを飼ってもいいよ!なんて言えません。

ましてや私自身犬は大嫌い。


近づけない!触れない!世話できない!人ですから



そこで、まずはオスカーを散歩させてもらおうか!となり、

それから週2日間ほど我が家が散歩するようになりました。


隣人は共働きで、帰宅も遅く、また学会等で数日間家を空けることも多いので、

時々我が家でお泊りもありました。


犬というのは不思議なもので、こちらが嫌い!怖い!とか思っていると
それを理解し吠えてきます。

こちらが好意があるのを理解すると、犬はそれに応えようとします。



そして私の中で徐々に大きな変化が!



また家族も自分の犬が欲しいと更に思うように!



「絶対世話をするから。最後まで世話をするから。」
ということで犬を飼うことになりました。

もちろん、飼う犬はコーギーだけです。

コーギーを飼ってオスカーと一緒に仲良く散歩させるぞ(この夢は儚く消えました)



今ではハッピーと小町を横にはべらして昼寝しています

コギ命です(笑)



それからハッピーを飼うまで数年を費やしました

なぜかって?

わんわん貯金箱が貯まらなかったからです

ハッハッハッハッハッ (笑)




ありがとうオスカー!

君がいたから我が家のコギ生活が始まったよ


(注:まだ元気に隣にいますけどネ)


118_convert_20120819232048.jpg


それでは次回はいつになるかわかりません




関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。